白髪染め 衣服 汚れる

衣服や回りに色がついて汚れてしまうのがイヤな人へ人気の白髪染め

白髪染めで衣服汚れる

光で染まるメカニズム

 

自宅で白髪染めをする時に汚れが非常に気になると思います。

 

 

白髪染めをする時はお風呂場や個室で染料を塗ると思いますが、
どうしても少し回りに液体やクリームが
飛び散ってしまう事から新聞紙やシートを貼って着色を防ぐように準備すると思います。

 

 

だけどこれが思った以上に面倒だと感じている人が
いらっしゃると思います。

 

私もずっと白髪染めをしているときに、準備が大変で白髪染めをする時はかなり大変でした。

 

特に市販で売っている白髪染めのセルフカラータイプは着色が強いので、
一度衣服や回りの敷居や家具に色がついてしまうとその後着色を取ろうとしても時間が凄く掛かってしまうという難点があります。

 

 

なので、できれば「普通の白髪染めクリームとは違い、自宅で染める時にも衣服や回りの家具が汚れにくいものはないの?
と思われたことがある人がいるんではないでしょうか。

 

 

そんな人に”サンカラーマックスの白髪染め”がおすすめです。

 

 

光で染まる白髪染めの特徴

 

 

サンカラーマックスは光で染めれる白髪染めクリームとして、
市販だったり一般的に白髪染めとしては聞いたことがないタイプの染料だと思います。

 

私自身も最初サンカラーマックスを知った時に「よく意味がわからなかった…」という記憶があります。

 

 

そして、サンカラーマックスの説明を見ているうちにまず思ったことが
光でホントにキッチリ染まるの?」ということがまず疑問として頭をよぎりました。

 

 

なので、最初はサンカラーマックスを購入しようか躊躇したのですが、
ネットにもほとんど情報がなくわからなかったので
とりあえず安くサンカラーマックスを購入できる場所で買ってみて、試してみようと思い塗ってみました。

 

 

そして、サンカラーマックスを使って思ったことが「想像以上に使える白髪染め」だったということです。

 

まず「衣服や家具など回りに液体が飛び散っても着色がしにくく、水を浸けた布でこすればすぐに取る事ができる」という利点がありました。

 

強力な着色料の成分を使っていない為おそらく汚れが飛び散っても大丈夫なんだと思います。

 

 

サンカラーマックスは使い方としては「クシにクリームを浸けて塗るタイプ」なので、一般的な白髪染めと基本は一緒ですが、回りや衣服に飛び散っても色がくっつかない…。

 

これは”光による着色で髪の成分に化学反応する”のでおそらくそうゆうふうになるんだと思います。

 

 

なので、サンカラーマックスを使う場所は逆を言えば、
光がよく当たる部屋では染めない方が良い”と思います。

 

私の場合少なくとも液体が飛び散って色付きがされたことはありませんが、
直接光が当たる場所ではないため大丈夫なんだと思います。

 

 

あとサンカラーマックスの口コミの記事の方がより詳しいことがリアルに書いてあるので、イメージしやすいと思います。

 

 

サンカラーマックスが合う人

 

 

サンカラーマックスは上記の画像のような要望がある人に向いた染料だと思います。
成分が強くない為髪のダメージが少なく、染める手間も楽で匂いはほぼ無臭。

 

 

普通の染料と比べると少しだけ高い。

 

簡単に言うとサンカラーマックスはこんな特徴です。

 

ただサンカラーマックスはamazonや楽天で購入するよりも以下のようにお得に購入できる場所もあります。

 

 

男女用でそれぞれ選べる

 

 

ほとんど成分的な違いはありませんが、
男女それぞれサンカラーマックスは違いがあります。

 

 

しかし、ほとんど色違いだけです。
なのでそこまで気にする必要はありません。

 

ただサンカラーマックスの唯一の弱点と呼べるものは”色のバリエーションが少ない”ということです。

 

 

2種類しかないので明るい髪色に染めたいという人は残念ながらサンカラーマックスは不向きでしょう。
しかし、あくまで年相応の色付きの白髪染めをされたい人には大丈夫です。

 

 

私も白髪染めを色々なバリエーションで使ってきましたが、
価格や使用感、染め具合、色付きのバランスは全て高水準に高いです。

 

 

ちなみにサンカラーマックスを安く買いたい人向けの記事もありますのでご覧ください。


ホーム RSS購読 サイトマップ