白髪 抜かない

白髪って抜かずに放っておいたほうが良い?

白髪抜かないそのまま

白髪ってちょっとだけ出ているときって余計に厄介だと思います。
私も髪の割合でいうと白髪大体1割ほどなので染めるにも厄介です。

 

なので抜いて白髪をなくしたり、
切って白髪を目立たなくしたり、
その時によって対処は違いますがやはり余計な刺激は与えないほうが良いです。

 

 

一番がその毛の回りの細胞である毛穴や毛細血管が傷つき腫れや出血により毛が生えてこなくなったりする場合があります
そして、白髪の場合は白髪が黒髪に戻る場合もあるみたいです。

 

行きつけの美容院に聞いた話ですが、「多少白髪もストレスや生活習慣が原因の場合は黒髪に戻るパターンもある」という話しを聞きました。

 

 

加齢による完全なる老化現象だと髪以外にも肌や身体が弱まっていて全体的に白髪が出来る状態になっているため対処は難しいみたいですが、まだ年齢が40歳以前の場合改善の余地ががあるみたいです。

 

 

極力髪を傷まさせないようにすれば白髪が戻る可能性も…

 

 

上記のように白髪は場合や年齢によってはメラニン色素がキチンと髪に行き白髪が出来ている場所がまた黒髪になる可能性もあります。

 

 

また過度のストレスが原因で白髪が出来た場合はまた白髪が戻る可能性も高いと言えます。
なので、まだ可能性としては白髪が出来ている毛根や毛穴、毛髪細胞の付近を出来るだけ傷つけないでおくことが大切だと言えます。

 

 

特にまだ白髪が過半数を超える生え方をしていない人はその可能性が高いと言えます。
私の場合はサンカラーマックスで部分染めしていますが、
白髪染めもなるべくなら頭皮にダメージを与える可能性が少なそうなものを選ぶべきです。

 

 

白髪染めは思っている以上に非常に強い化学染料を使っているものが多いです。
白髪に色をつけて発色させるのですから必然的に強めで、ずっとこびり付く成分を含ませないといけません。
そうすると比例して身体に悪い影響の成分が多くなってきます。

 

 

セルフカラーの白髪染めの場合で特に1000円以下で売られている染料はその傾向が非常に強く、私も今まで色々試しましたが髪や地肌へのダメージが極めて高かったです。
もしかしたら白髪が多く広がる原因にも成りかねないので使用後は髪ダメージを軽減させるケアも同時にしていきましょう。

 

 

そして、私がおススメする光の白髪染めサンカラーマックスの効果についても説明します。


ホーム RSS購読 サイトマップ