サンカラーマックス 使い方

サンカラーマックスの使い方はちょっと違うのでココ注意

 

サンカラーマックスの使い方はその名の通り、”SUN”光による染まり方がポイントなのでその点は注意が必要ですね。通常の白髪染めのように髪の毛にブラシとチューブを入れ込んで髪の毛をかき上げて白髪のある部分に塗り、そのまま10〜15分放置というスタイルではないです。

 

 

サンカラーマックスのクリームの中にある”銀イオン”が光に当たり金属銀微粒子に変化し、毛髪表面に吸着します。そこから金属微粒子が光を吸収することで発色するという少し変わった染まり方が特徴です。

 

ですので、一番重要なのが”光にしっかり当てること”が重要になってきます。当たる光が強いほど発色も強くなるという特性ですので、塗っても日陰や暗い部屋でジッとしていてずっと放置して洗い流してしまうと逆になんにも色染めがされないまま終わってしまいます。

 

通常の着色染めを経験されている方はイメージしやすいと思いますが、髪が黒い場合は先に脱色してから色をその上に塗るという工程でその際に脱色をする過程でも脱色を早めるために蛍光灯などの光をわざと頭に近づけて早めるというやり方があります。(私の経験では当時そのように美容院に行かずに自宅で髪の色を茶色や明るい色に染めていました)

 

それ以上にサンカラーマックスは”光”によって化学反応がおきて色染めが完了するので蛍光灯や光が強い場所で行うことは特に重要になってきます。

 

そして、以下に解りやすく使い方を説明していくと…

@前日の夜または当日の朝にシャンプーをおこなう
Aシャンプーした後にクシにサンカラーマックスをつける
B白髪部分を中心にサンカラーマックスが付着したクシを塗る
C塗ったまま1日放置する(普段通りの生活)
D染まり具合を見て、夜にシャンプーをする

1日で色合いが薄い場合は2〜3日のご使用でだんだんと濃い色に染まります

 

上記のような手順でサンカラーマックスをご使用していただければ大丈夫です。
通常だと白髪染めブリーチは散布したら数十分で洗い流さないといけませんが、サンカラーマックスの場合は上記のような使い方が推奨されております。

 

 

サンカラーマックスは口コミでも評判で染める効果もすこぶる高いです。

 

なので、白髪染めで良いものを探している人は是非ご覧ください。

 

 

サンカラーマックスについて

 

 

>>サンカラーマックス クチコミ


ホーム RSS購読 サイトマップ