サンカラーマックス 男性用 女性用 違い

サンカラーマックスの男性用と女性用の違いは○○

サンカラーマックスの男性用と女性用の違いは○○

サンカラーマックスの男性用と女性用の違いは○○の部分に書いてみた記事です。
多分コレについては大半の人が、

 

「えっ、別に違いないでしょ?」

 

と思う気がします。
でもちょっと違いはあります

 

実際、白髪染めブリーチなどはこういった違いって男女でもあまりないようですがあるという記事もあります。
ただどちらの場合もアルカリやジアミン系の酸化剤を使用していないので頭皮の地肌が弱い人でも安心して使用できますね。

 

 

また髪の痛みを気にする人、髪が丈夫でない人、毛髪がデリケートな人も一つ安心材料があるのが特徴。染まり方の特徴が毛髪の表面を染めるタイプなので、肌のツヤ、サラサラ感を弱めたくない人もキューティクルの痛みがないので嬉しい特徴だと思います。

 

ただそんなサンカラーマックスですが、男女では少し以下の部分に違いがありますので気になる人はご確認ください。

 

サンカラーマックスの成分(男女の違い)

 

男性用

水、ジメチコン、セタノール、シクロメチコン、硫酸銀、BG、ステアリン酸PEG-45、ステアルトリモニウムクロリド、ゲンチアナエキス、クエン酸、ステアリン酸グリセリル、イオウ、フェノキシエタノール、セテアレス-20、ステアリン酸PEG-75、ラベンダー油

 

女性用

水、ジメチコン、セタノール、シクロメチコン、ステアリン酸ソルビタン、硫酸銀、BG、ステアリン酸PEG-45、ステアルトリモニウムクロリド、ゲンチアナエキス、クエン酸、ステアリン酸グリセリル、イオウ、フェノキシエタノール、セテアレス-20、ステアリン酸PEG-75、ラベンダー油

 

 

 

上記のようになります。
一見すると同じです。

 

ただ微妙に違うことのが
女性用にはステアリン酸ソルビタンが入っているのに男性用には入っていないことです。

 

このステアリン酸ソルビタンというものは以下のような成分です。

 

界面活性剤。ただの中では毒性は少なく安全なのもの。
保湿効果を高める役割があるとされており、酸化を防ぎ紫外線対策にもなる化粧品成分。
シャンプーや洗顔料にも使用している化粧品は多数アリ。

 

女性用の髪質って男性と違い、ツヤやハリ保湿を求める傾向にあるためこういった成分を女性用のサンカラーマックスに含ませているとい考えられます。女性用の場合は更に男性と違い、ブラックではなくブラウンの色で作られていることからも違いがあります。一般的なイメージからすると、男性用のブラックは色的に髪が重く感じられますが、男性の場合色を染めているとある程度の年齢になったときに社会的にあまり良い印象をもたれない風潮がありますし、女性であればそういった社会的な見方は特にされずその点は自由で女性らしさを問われることが多いと思いますので、ブラウンであれば柔らかくふんわりしたイメージが強いため敢えて分けることにし、それぞれに向け配慮した形で作られていると予測されます

 

 

 

ですので、ほぼ同じですが、この点だけ強いて言うならサンカラーマックスの男女の製品の違いといえます。

 

ただ、基本はほぼ同じなので好みや年齢、気分による使い分けで良いと判断するのが賢明だと言えます。

 

 

>>サンカラーマックスの疑問。Q&A
>>サンカラーマックス。光で白髪染めの評判と口コミ総まとめ


ホーム RSS購読 サイトマップ